本館の玄関横の花壇の”えらぶゆり”が見ごろになっています。
昨年の9月頃、球根を植えました。
IMG_4647_

えらぶゆりの歴史について‥
    明治期、シーボルトによって欧米にもたらされた日本の百合は
    またたくまに人気となり、多くの球根が日本から輸出されました。
    そして、実は、そのほとんどが、鹿児島の遥か南の海に浮かぶ小さな島、
    沖永良部島生まれの「erabulily~えらぶゆり~」だったと言われています。

タイトルの  純潔,威厳,無垢,正直,甘美 は花言葉です。